フライビシット┃産後すぐに骨盤矯正をしても良いの?

フライビシットを検討されている方の多くは、出産を終えたお母さんたちです。

最近では骨盤矯正の意識が高まったため、いち早くケアを始めようという方も多くいらっしゃいます。

 

しかし、産後すぐに開始することには、少し危険もあるんです

そこでここでは、産後の骨盤ケアの目安時期などを中心にまとめてみました。

 

 

 

産後すぐの骨盤矯正は控えるべし

出産を終えたばかりの体は、子宮内をきれいにしようと頑張っています。

それに伴って骨盤もわずかに動いているので、この動きを無理に止めないようにすることが大切です

 

しかし、産後の骨盤は非常に不安定です。

病院でもらうサポーターなどでしっかり安定させておくことが大切です。

締め付けと安定の違いを理解し安静に努め、まずは体を休ませてあげましょう。

 

 

 

いつからフライビシットを履いていいの?

フライビシットは、検診で先生の許可を得てから着用するようにしましょう

 

普通分娩や帝王切開などでも、ママの回復力は違います。

先生の許可を得てから始めることが、一番安心です。

 

心配せずとも、骨盤の緩さは産後6ヶ月頃まで続きます。

産後すぐに骨盤を矯正しても、生活習慣の中で歪んでしまいます。

それよりも、授乳や抱っこなどの姿勢の偏りを自分で把握し、気を付けながらゆっくり整えていく方が効率的といえるでしょう

※体への負担も少ないです。

 

 

 

授乳・抱っこ姿勢と骨盤

骨盤は、姿勢や動作で特定の動きをします。

 

例えば、

  • 体が向いている方の骨盤が開き、反対が閉じる
  • 体重が乗る足の骨盤が閉じ、乗らないほうが開く

このようにして、歪みが定着していきます。

 

なので、授乳姿勢で一方ばかりを見ていたり、右手だけで抱っこしているような場合は、どうしても骨盤に歪みが生じます

フライビシットは骨盤の関節を締めて安定させてくれるので、歪みが生じないように止めておいてくれます。

 

矯正力を加えてくれること以外に、歪みの予防にも貢献してくれるので、検診~産後半年までの間は積極的に着用するのが良いでしょう。

※夜間は血行不良などを招く可能性があるので、きつさを感じている場合は着用を控えましょう。

 

 


育児に影響が出ないよう、気楽に骨盤ケアを始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

【よければこちらも参考に】

フライビシットと別商品を比較しています。

フライビシットとクリスチャンココ:特徴・価格の違いは?

サイトマップ

自己紹介

骨盤矯正に関心があり、フライビシットを検討されている方はいらっしゃいませんか。

口コミを見ていると、着用方法に疑問を持っている方が多いように見えました。

骨盤ショーツは継続が大切なので、少しでもダイエット・くびれづくり・脚痩せ効果が見込めるよう履き方について詳細にまとめてみました。

産後の体型などに悩まれている方は、よければこちらも参考ににしてください。

お腹のお肉をスッキリさせましょう。

 

 

最近のコメント

    カテゴリー